石川県小松市・・・【安宅の関】

道の駅巡りの寄り道で・・・



『安宅の関』に立ち寄りました(*´∀`)




裏手の方には公園?神社?らしきがありパーキングもあります



『武蔵坊弁慶の幼少期』と書かれた
石像がありました( ^∀^)




sketch-1564411957215.jpg




武蔵坊弁慶〔幼少期〕とツーショット❗




安宅の関とは・・・【Wikipediaより】

如意の渡しでのエピソードを元にした、源義経武蔵坊弁慶らとともに奥州藤原氏の本拠地平泉を目指して通りかかり弁慶が偽りの勧進帳を読み義経だと見破りはしたものの関守・富樫泰家の同情で通過出来たという、歌舞伎の「勧進帳」でも有名。


兵部式』では安宅駅、『義経記』では安宅の渡、『八雲御抄』では安宅橋と記述があるのみで、安宅関と記載のあるものは謡曲安宅』のみで、ここに関所があったかどうかの歴史的な実在性は疑問視されている。


現在は安宅住吉神社境内に位置する1939年3月18日に「安宅の関跡」として石川県史跡に指定されている[2]銅像の武蔵坊弁慶は七代目松本幸四郎が、富樫泰家は二代目市川左團次がモデルとなっている



この記事へのコメント